企業によっては自社の名前が印字されたノベルティを顧客などに配り、広告効果を得ているところがあります。その際次のような点について注意しておかないと、何らかのデメリットを被る事があります。まず挙げられるのが印字できるかどうかという点です。できることなら他社とは違うオリジナリティを出したいと考えることがありますが、場合によっては印字できないものも存在し、結果として発注や納品が遅れてしまうことがあります。そのため事前に印字できるかどうかについて確認し、依頼することが重要です。次に挙げられるのが価格です。あまりに高価な品物の場合、利益の供与となってしまい、贈与税などが課せられることがあります。そのため送るものはあまり高価なものにせず、税務署などに相談するのも一つの手です。上記の注意点をしっかり押さえ、ノベルティの制作を行うことをお勧めします。

ノベルティにも良い物がある

おまけで何かプレゼントをもらえる事と別の言い方でノベルティと呼んでいます。会社のセミナー等に行くと良く会社名の入ったものを貰えたりする事があるかもしれませんが、これもノベルティです。来て頂いた会社の方に社名を覚えて頂く事と来場して下さってありがとうございますという気持ちを込めて配っています。せっかく頂いたものですが、あまり使えないものもあります。小さなペンライトだったりすると使える人と使えない人に分かれてしまいそうです。ネットなどでもノベルティで検索すると色々作成できる所があるので発行する人は見比べると良いです。貰う側としてはその物自体がメインではないですが、どうせ貰うのであれば使い勝手の良いものを貰えた方が嬉しいはずです。実際にペン等は社会人にとってはありがたい物ですし、セミナーで同じ時間で被ってしまった場合等、どういった物が貰えるのか確認してから最終的にセミナー等は選択しても良いです。

ランチボックスが低価格でノベルティで注文可能

ノベルティにもいろいろな種類の商品が登場して来ています。メーカー価格より大幅に安くなっているランチボックスもその中の一つです。100円程度で名入れまで行ってくれる人気の商品です。カバンやバッグに入れやすい長方形型のランチボックスは、毎日使えるものですので、とても重宝をする商品です。カラーも、ブラック、オレンジ、ローズとあるので自社のイメージに合わせたり、顧客によって違うカラーを選んで渡すことも出来るでしょう。家庭ですぐに使えるランチボックスなら、とても喜ばれるでしょう。さらに、こう言ったノベルティであれば、まだ、それほど多くの企業が採用をしていないので、印象に残りやすいというメリットもあります。しかも、名入れまで行ってもらえて低価格なので、費用対効果が期待できるノベルティになるのではないでしょうか。

Leave a Comment.

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)